裏技ドットコム

1階が店舗のマンションやアパートは絶対に止めておけ!

HOME > 不動産 > 1階が店舗の物件は絶対に止めておけ!

マンションは基本的に眺めの良い高層階が人気ですし、アパートなども上階からの騒音が気になる人が多いので、1階への入居を希望する人は少ないです。そのため、アパートやマンションでは1階に住居スペースを設けず、飲食店やコンビニなどの店舗にしているケースがあります。民間の住宅は勿論ですが、中にはUR賃貸のような公営住宅でも、1階が店舗スペースとなっている物件もあります。

1階が店舗の物件は、忙しい日でも食事の買い出しに困らないですし、雨の日でも買い物がしやすいなど、色々とメリットがあります。しかし、隠れた問題・デメリットを訴える口コミ情報も多いため、1階が店舗のマンションやアパートへの入居は止めておいた方が無難です。

1階が店舗のマンションの最大のデメリットが、ゴキブリ・コバエなど害虫の出現率が極めて高い事です。特に飲食店の場合は、食材や残飯が大量にあるうえ、暖かくて湿度も高い厨房がゴキブリにとって最適な環境となるため、通常の物件と比較して何倍も発生率が高いのです。同様に、魚や肉や野菜など、生もの食材を扱うスーパーも、やはり害虫問題が発生しやすいです。

バルサンなどの殺虫剤を使っても一時的な対策にしかならず、すぐにまた沸いてくるので「いくらバルサン炊いても無意味だ!」という嘆きの口コミも聞かれます。基本的に、高層階になる程ゴキブリの出現率は減りますが、配管の隙間などを伝い登ってくる事も多いので、何階以上なら安全という基準はありません。ゴキブリ嫌いの人は、1階が飲食店やスーパーなどの不動産に住むのは、絶対に止めておくべきです!

※当サイト管理人は、団地で5階の物件に住んでいたことがありますが、確かに蚊は少なかったものの、ゴキブリは普通に出ていました。

そして、1階が飲食店のマンションは、臭いの問題も大きなデメリットです。特にカレー店や焼き鳥などの焼き物系の店舗は、臭いがきついので要注意です。臭いは長時間その場に留まるので、営業時間外であってもずっと感じますし、洗濯物には臭いが付きやすいので、24時間常に臭いに悩まされるリスクも大きいです。

コンビニだと便利だが、DQNがうるさい!

1階がコンビニだと、生活用品が何でも揃うので、一見するととても便利そうですが、隠れたデメリットがあります。コンビニにはガラの悪いDQN(不良やヤンキー)の溜まり場になりやすく、バイクの騒音などでうるさいという裏事情もあるのです。

何より、コンビニ自体が24時間営業で商品の搬入などもあり、昼夜問わず人や車が頻繁に出入りするため、騒音が大きい事を覚悟する必要があります。コンビニ以外にも、居酒屋など酒を出す飲食店は、酔っぱらいが騒いでうるさいケースが多いので注意すべきです。

なお、1階が食べ物を取り扱う店舗でない場合は、マンション上階への影響は少ないです。例えば洋服屋や不動産屋などの場合は、ゴキブリの発生率が高まる事もなく、夜間は誰もいなくなるので、臭いや騒音などの問題はまず起きません。

そうした上階への影響が少ない店舗の中でも、特に便利なのがドラッグストアです。体調が悪い場合でもすぐに薬が買える、インスタントの食料品も多いので食事に困らない、などメリットが多く、住民からは好意的な評判が多いです。しかもドラッグストアは、コンビニのように24時間営業ではなく、また客層的にもDQN・ヤンキーが多い訳でもないので、騒音トラブルの心配も少ないです。

1階が店舗のマンションやアパートは絶対に止めておけ!まとめ
・1階が飲食店だと、ゴキブリやコバエの出現率が極めて高い
・飲食店だと「臭い」の問題というデメリットもある
・コンビニはDQN(ヤンキー)の溜まり場でうるさい

ただし、入居時には1階の店舗に問題なかったとしても、その後もずっとお店が営業し続けるとは限らない点にも注意すべきです。1階のドラッグストアがある日突然潰れて、その後居酒屋になってしまうリスクだってゼロではありません。マンションの入居前には、1階の店舗スペースに入居可能な業種が制限されているかどうかを確認しておく事が重要です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.