裏技ドットコム

お寺やお坊さんに無駄金を払わない裏技

HOME > 冠婚葬祭 > お寺やお坊さんに無駄金を払わない裏技

日本では、お葬式やお墓などで高額なお金が必要です。特にお寺・お坊さんに払うお布施などの費用は、価格帯が不透明で足下を見られている気になる人も多いです。宗教観が薄れている現代では、故人の供養に掛かる費用を無駄金だとと感じている人も少なくないでしょう。

お寺やお坊さんに無駄金を払わない方法として、まず「月参り」を断る事が挙げられます。月参りは、故人の月命日に菩提寺からお坊さんを自宅に招いて、お経を読んで貰う行為です。一回の金額は3千円〜5千円程度が相場なので、もし月参りを断る事ができれば、年間でおよそ4〜6万円という大きな節約が出来ます。

ただし、ある日突然「もう月参りは結構です」などと言い出すと、お寺側とトラブルになる可能性が高いので注意が必要です。月参りなどのお布施は、お坊さんにとって貴重な収入源であり、彼らにとっては簡単に縁を切られては困る訳ですから、何だかんだと理屈を付けてゴネてくるはずです。

ゆえに月参りを断る裏技としては、まずは話し合いで段階的に縮小していくように仕向けるのです。例えば、経済的理由などを盾に、毎月の法要は断って命日やお盆など特別な時期のみ来て貰う・・・という事で一旦妥協するのです。直接お坊さんに話を切り出すのが気が引ける人は、電話で伝えるのがベストです。いずれにしても、出来る限りお寺やお坊さんを困らせない・怒らせないように話を進める事が重要です。

檀家を辞めればコストはゼロにできるが、墓じまいも不可欠

月参りの回数を減らした後は、究極的にはそれをゼロにしたいところですが、その為には「檀家をやめる」という選択が必要です。これは、そのお寺やお坊さんとの関係を完全に絶つという事であり、お布施やお墓の維持費など。無駄金の支払いは完全に無くなります。檀家のままだと延々と無駄金を払い続ける事になるので、多少お寺と軋轢が生まれる事は覚悟してでも「もう檀家を辞めます」と毅然とした態度で切り出すのがポイントです。

檀家をやめるというのは、月参りを断るよりも更にハードルが高いです。お坊さん側は何としても引きとめようとするはずですし、ネットでは「100万円も離檀料を請求された」などの口コミ情報も見受けられます。

※離檀料とは檀家をやめる際に支払うお金の事で、これまでお世話になったお礼の意味で、10〜20万円程度のお布施を支払うという制度です。

離檀料の支払いは法律で定められたルールではなく、あくまでも長年葬儀業界で続いてきた風習でしかありません。ゆえに、お坊さんから高額の離檀料を請求されたとしても、それに応じる必要はなく、断固として拒否しても法的には問題ありません。離檀料こそ完全な無駄金です。

但し檀家をやめる場合は、併せて墓じまいの手続きが必要です。墓じまいとは、お寺に納骨していた遺骨を引き取って、別の場所に移す行為です。檀家をやめておきながら、遺骨だけはお寺に管理し続けて貰うという虫のいい事は出来ないので、墓じまいも必須になります。

墓じまいをするには、市町村が発行する改葬許可証が必要です。檀家をやめる場合は、新たな納骨場所を探しておく、あらかじめ改葬許可証を発行して貰うといった準備をしておくと、事がスムーズに運ぶでしょう。

お寺やお坊さんに無駄金を払わない裏技まとめ
・まずは月参りの数を減らす事から始める
・その後に檀家をやめる事で関係を絶つ
・但し墓じまいが必須なので、新たな供養の場所も必要

なお、極力お金を使わない方法としては、公営霊園など費用の安いお墓に移すのがセオリーですが、他にもお寺の「永代供養墓」や、遺骨を海に蒔く「散骨」、遺骨をアクセサリーなどに加工して手元に置いておく「手元供養」などを選ぶ方法もあります。

★関連ページ;お墓を建てないという裏技

特に散骨は、安い業者だと10万円以下からでも可能ですし、自然に帰す・故人を粗末に扱う感じがしないということで、近年では裏技的な供養の方法として人気が高まっています。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.