裏技ドットコム

ソフト闇金は使ってはいけない!その危険な裏事情

HOME > マネー > ソフト闇金は使ってはいけない裏事情

近年、インターネットで「ソフト闇金」なるローンが登場し、口コミで拡散を見せています。カードローンが総量規制の枠一杯の多重債務者や、そもそもブラックリスト入りで借り入れができない人が、主な利用者です。クレジットカードショッピング枠の現金化、メルカリの現金出品、などの裏技が規制され、お金の無い人が駆け込み寺的に利用しているようです。

審査が甘いので借りやすいこと、加えて『ソフト』なんて名称が付いている印象から、気軽に利用できますよ・・・なんてデタラメな情報を載せているサイトも見受けられます。しかし最初にはっきりさせておかないといけません。ソフト闇金は非合法金融で非常に危険なので、絶対に利用してはいけないので注意です!

★ソフト闇金は絶対に使ってはいけない!

ソフトなんて名称が付いてますが、結局は非合法な金利設定をしている「闇金」であることには変わりありません。日本では利息制限法という法律により、年利20%以上の金利でお金を貸してはいけない事になっています。レイクやアコムなどの消費者金融にせよ、銀行カードローンにせよ、クレジットカードのリボ払いにせよ、いずれも現在では20%未満の金利です。

★関連ページ;銀行カードローンの審査が甘い裏事情

しかしソフト闇金では「1ヶ月10%」とか、酷い場合には『トイチ(10日で10%)』『トサン(10日で30%)』なんて金利を設定している業者すらあります。完全に非合法、街金などと呼ばれる通常の闇金と同じです。


「トイチ」の金利など絶対に返済できないので注意!

ソフト闇金では、最初の対応が如何にも親切丁寧な口調で、テレビドラマで出てくるようなヤクザのようなドスの利いたしゃべりとは対照的なので、多くの人が「安心な業者なのか?」と勘違いしやすいのです。しかも審査が甘いことが大半で『即日でもお金を借りられますよ』と言われるので、つい頼ってしまいがちです。

しかし一度お金を借りたら最後、ほぼ間違いなく終わるアテのない借金の底なし沼に陥ります。金利というのは雪だるま式に膨れあがるので、月10%やそれ以上の金利なんて、一般の人でもまず返済しきれません。ましてやお金に困っている人では、不可能な芸当です。

最初だけ合法金利を提示する業者もあるので注意!

ソフト闇金の「月利10%」と聞くと、一見大したことはないと思いがちですが、年利に直すと(複利で雪だるま式に増えるので)314%にもなるのです!実に元本の3倍です!しかも返済期間が延びるほど、金額も膨れあがっていくので極めて危険です。

例えば「100万円を3年掛けて返済する」とすれば、月利10%の闇金なら、返済金額の合計は900万円にまで増大するのです!!要するに、闇金の金利だと返済を終えることは事実上不可能に近い芸当で、間違いなく人生が破綻するので注意です!


審査は甘いが、やがて人生が破滅する・・・

そしてソフト闇金は、初期対応こそソフトかも知れませんが、取り立てはヤクザまがいの闇金そのものです。貸金業法では、午後9時〜午前8時に督促電話をかけたり自宅を訪問すること、また勤務先への電話なども禁止されていますが、闇金ではそんなルールお構いなしで、返済するまで脅しを掛けてきます。「闇金ウシジマ君」で描かれる世界そのものだと考えて下さい。

中には初期の金利は合法の範囲に留めておき、返済が滞った瞬間から、非合法金利に跳ね上がるという悪質な業者も居るとの口コミ情報もあります。借り手が延滞したら、借用書を債券化してヤクザに売り飛ばす手法を取り、自らは「合法な金利ですよ」という体裁を取るのです。債券化された借用書は、本物の闇金業者に買い取られ、彼らが恐ろしい取り立てをしてくる・・・という裏事情があるので、合法金利だと主張するソフト闇金も安心できないのです。

ソフト闇金は使ってはいけない!危険な裏事情まとめ
・ソフト闇金は審査が甘いが、金利も取り立ても非合法で危険
・高金利すぎて借金が膨らみ、絶対に返せなくなる
・最初だけ合法の金利を提示する業者もあるので注意

闇金の世界は、ソフトだろうが何だろうが、必ず裏社会の人間が絡んでいて極めて危険だという裏事情があるのです。「ナニワ金融道」の灰原達之や「ミナミの帝王」の萬田銀次郎のような、人情で何とかしてくれるような闇金業者は、実社会では絶対に存在しません。ネット上に蔓延している「ソフト闇金は安心だ」という嘘の口コミに騙されてはいけません!

多重債務で苦しいなら、債務整理(自己破産)を考えるべきであり、ソフト闇金に手を出そうなんて絶対に考えてはいけません。自己破産は合法的に認められた手段であり、恥ずべき事でもなければ、「貸し手に迷惑をかける・・・」なんて考える必要もないです。金貸し業は、貸し倒れの発生を考慮して高金利に設定しているので、彼らに配慮する必要など皆無ですよ。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.