裏技ドットコム

京都で穴場の夜景・ライトアップ観光スポット一覧

HOME > 日常生活 >  京都観光 > 穴場の夜景スポット一覧

近年の京都は、日本人だけでなく外国人旅行客も激増している事で、市内は一年中混雑しており、快適に見て回るのが難しい状況になっています。そんな京都観光で穴場的な裏技が、人気スポットを夜間に訪ねる事です。

★関連ページ;京都が混雑する時期と快適に観光する裏技

昼間と比較すると、夜の京都は観光客が大幅に少なく、混雑の可能性が劇的に下がります。また中国人など外国人観光客は、夜には集団で出歩かない傾向なのもポイントです。しかも京都では、ライトアップを行って夜景を楽しめるようになっている観光名所も多く、中には昼よりも夜の方が綺麗と評判のスポットも数多くあります。

そこで京都市内で、ライトアップされて夜景が綺麗な観光スポットを紹介してみます。普通の京都とは違う、インスタ映えする写真を撮れるのでお勧めですよ。

清水寺〜有名な清水の舞台もライトアップされる

京都でライトアップされる観光スポットの一つが「清水寺」です。名所の多い京都の中でも、清水寺は特に人気の観光スポットであり、世界中から多くの人が訪れています。清水寺では、3月中旬頃〜4月上旬、8月のお盆前後、11月中旬から12月初旬頃までの、年3回ライトアップが行われます。

夜の清水寺は、昼とは違った趣があり、非常に美しいです。清水の舞台はあまりにも有名すぎてSNSに写真投稿するにはベタすぎますが、ライトアップされた夜景ならインスタ映え間違いなしでしょう。なおライトアップの時期は、年によって若干期間がずれる場合があるようなので、一応ネットで確認すべきです。

夜の嵐山なら中国人観光客を避けられる

京都を代表する大人気観光スポット「嵐山」も、夜間が穴場です。嵐山では毎年12月に数日間、嵐山花灯路(あらしやまはなとうろ)と題したライトアップイベントが開催されます。神社・竹林・渡月橋など、嵐山のエリア一帯がライトに照らされ、幻想的な風景を堪能できます。

近年は嵐山周辺にも中国人観光客が激増しており、それを目当てにした白タクが路駐するなど、マナーの悪さが目立ちます。しかし夜には中国人はパッタリ来なくなるので、お勧めです。

知恩院や平等院もお勧め

「知恩院」も、京都の美しい夜景スポットの一つです。浄土宗の総本山である知恩院では、毎年11月〜12月初旬頃まで、三門や宝佛殿などがライトアップされます。また同時に、お坊さんバンド「ぽくぽくすまいる」の演奏や、僧侶からお寺に関する様々な話をしてもらえる「聞いてみよう!お坊さんのはなし」といったユニークなイベントも開催されています。

10円硬貨に描かれている事でお馴染みの「平等院」も、2017年から夜間のライトアップイベントが始まりました。ただし、日程は11月下旬〜12月初旬、しかも金・土・日・祝日の2時間半だけという短い期間なので、観光客が集中して夜でも混雑する場合があります。

とはいえ、庭園内にある阿字池に反射して、上下に映る平等院鳳凰堂の美しさは別格で、ぜひ写真に収めたい構図です。最高にインスタ映えする「フォトジェニックスポット」と言えます。

法観寺の「八坂の塔」は自然にライトアップされる

法観寺も、夜間にライトアップされる観光地です。法観寺の場合、お寺よりもその近隣の坂である「八坂通り」と、そこから見える法観寺の五重塔、通称「八坂の塔」の方が有名でしょう。八坂の塔自体も3月にライトアップイベントが行われていますが、八坂通りは周辺の街灯がライトアップ効果を生む地形なので、一年中夜景を楽しめると評判です。

他にも、京都には「高台寺」「瑠璃光院」「宝厳院」「青蓮院門跡」など、ライトアップされる有名観光スポットは多いです。あえて夜の時間帯に訪れれば、観光客も少ないうえ、電車やバスの混雑も緩和されているので、京都観光を楽しむ裏技だといえます。

ある意味穴場?伏見稲荷大社で肝試し

最後に、千本鳥居で有名な「伏見稲荷大社」では、大々的なライトアップイベントは行われていませんが、24時間参拝が可能なうえ、毎日夜間は境内の灯篭に火が灯されるので、夜の観光もできる穴場スポットです。

特に千本鳥居の周辺は、薄暗くて不気味である事から、純粋な観光というより「肝試しスポット」として若者に人気となっています。ノーマルな京都観光などつまらない・・・という人は、夜の伏見稲荷大社で違った楽しみ方をしてみては?

京都で穴場の夜景・ライトアップ観光スポットまとめ
・清水寺は春夏冬の年3回、夜間のライトアップが行われる
・嵐山は神社、竹林、渡月橋など写真に収めたいスポット満載
・平等院鳳凰堂の夜景はインスタ映え最高!

なお、夜景はライトアップされていても、写真を撮るには光量不足で黒く潰れて、上手くいかない事も多いので注意です。特にスマホで美しく写真を撮るには、かなりコツが必要です。

アンドロイド携帯なら「夜景モード」にする、iPhoneなら夜景に強い写真アプリを使うのが、フォトジェニックに撮るためのコツです。また、ピントを合わせる位置によっても明るさが全然変わってくるので、画面をタップして綺麗に表示されるポイントを探る事も必須です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.