裏技ドットコム

大阪市内の椅子で座り読みできる書店一覧

HOME > 日常生活 > 大阪市内で椅子に座れる本屋一覧

書店の中に椅子があって、客が座って試し読みできる店舗は、ジュンク堂書店が始めたとされます。2000年前後に一世を風靡しましたが、近年では書店の店舗自体が減少傾向なだけでなく、椅子を撤去する店舗も増えています。

このページでは、大阪市内で2019年現在でも座り読みができる書店を、一覧表および地図上(グーグルマップ)にまとめてみました。

大阪市内の座り読み可能な本屋さん一覧
店名 本の数 椅子の数 営業時間 定休日
ジュンク堂書店大阪本店(堂島) 超多い 多い 9〜21時 不定期
ジュンク堂書店梅田店(茶屋町) 超多い 多い 9:30〜22時 不定期
紀伊国屋・グランフロント大阪店 中間 少ない 10〜21時 正月のみ
梅田・蔦屋書店 多い 併設カフェ 7〜23時 ルクア準拠
ジュンク堂書店・難波店 多い 中間 10〜21時 不定期
丸善・高島屋大阪店 少ない 中間&併設カフェ 10〜21時 高島屋準拠
くまざわ書店・なんばパークス店 少ない 中間&併設カフェ 11〜21時 パークス準拠
旭屋書店・なんばCITY店 中間 極小 10〜21時 地下街準拠
ツタヤ・戎橋店 少ない 併設カフェ 8〜28時 無休
ジュンク堂書店・あべのハルカス店 中間 極小 10〜20時 ハルカス準拠

大阪の座り読み可能な大型書店の詳細

本の数、座れる椅子の数、共に大阪で最大なのが梅田・堂島にあるジュンク堂書店の大阪本店、および茶屋町にあるジュンク堂梅田店です。特に梅田店は、ビルの1階から7階までを占拠しており、西日本では最も蔵書数が多い書店(推計)です。営業時間も夜22時までと長く、ほぼ全フロアに座り読みできる椅子が設置されています。


※ジュンク堂の大阪本店(堂島アバンザ2〜3F)

一方、堂島の本店は近年、店内が改装されています。相変わらず椅子やテーブルは豊富にありますが、かつてあった喫茶コーナー(本格的で超美味しいコーヒーが飲めた)は、残念なことに閉鎖されました。一応、入居している「堂島アバンザ」というビルの1階と地下には、3件もカフェがあるので休憩には困らないです。

梅田のルクア8Fにある梅田・蔦屋書店は、ホテルのロビーのようなラウンジがあり、スターバックス等のカフェも併設されるなど、独特の形態が話題となった店舗です。夜の11時までと遅くまで営業しているのがメリットです(但しビルが閉まり、一部のエレベーターだけに限定されます)。かつては書店内に座れる椅子もあったのですが、現在では有料のラウンジスペースや、カフェスペースのみとなっています。


※ルクア蔦屋書店の有料ラウンジスペース

難波でお勧めなのは、2018年末の改装でお洒落な空間に生まれ変わった丸善・高島屋大阪店です。本の数があまり多くなく(特に新書はほとんど無い)書店としては不満が残りますが、店内の至る所に椅子があるので、座り読みできる可能性は高いです。またスターバックスが併設されていて、珈琲などを飲みながら座り読みすることも可能です。高島屋は20時に閉店しますが、丸善の営業時間は21時まで、スターバックスは22;30まで開いています。

また、なんばパークス5Fにあるくまざわ書店も、蔵書数は少ないですが、店内に数多く椅子が設置されているうえ、隣接するタリーズコーヒーのテーブルに持ち込んで座り読みする事も可能です(雑誌などは除く)。蔵書検索端末がポンコツなのが弱点です。

なんばCITYの地下2Fにある旭屋書店は、難波周辺の大型書店では最古の存在です。フロア面積は中規模程度ですが、鉄道マニア向けのコーナーがやたらと充実している事で有名です。ただし残念ながら、座れるスペースは最大でも5人程度のソファーが1つあるのと、子供向け書籍コーナーに僅かにある程度です。

道頓堀の通称・ひっかけ橋の側にある「ツタヤ・戎橋店」は、2階にスターバックスが併設されていて、本の持ち込みが可能です。雑誌中心で書店としては微妙ですが、深夜4時まで営業(スタバも!)というのは、大阪では最長の営業時間な本屋です。但し、ひっかけ橋の周辺というのは、深夜はお世辞にも治安の良いとは言えない、ガラの悪い場所なので注意です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.