裏技ドットコム

コンサルタントになる方法〜未経験からコンサルビジネスを始める裏技

HOME > 就職・転職 > コンサルタントになる方法

コンサルタントは、知識や経験がある人が会社経営などのアドバイスを行うビジネスの総称です。近年増えているコーチングやメンタルトレーナーなどの職種も、広義で言えばコンサルと同じと言えますが、時給1万円以上の仕事もざらにあるという高報酬な仕事です。

とにかくコンサルという職業は、圧倒的に利益率が高い、最強のビジネスです。何せ自分で相談を聞いたりアドバイスを話したりするだけなので、コストがほとんど掛からないですし、固定費が全く存在しないので、倒産・破綻するリスクもゼロです。中小企業・団体向けのコンサルなら、脱サラしたフリーのコンサルが仕事を取ることも十分可能です。

ただし大きな問題となるのが、コンサルを受けてくれる顧客・クライアントをどう探すのか?という点です。未経験者がいきなりフリーの経営コンサルタントとして脱サラ・開業しても、実績のない人間のアドバイスなど誰が聞くのか?と壁にぶち当たります。

そこで便利なのが「ビザスク」というWEBサービスです。ビザスクは、簡単に言うとスポットコンサルのマッチング・仲介サイトです。特定分野の知識のある人・経験者に、単発で相談を依頼できるシステムです。登録するだけなら無料で、実際に仕事が発生したときにマージンを取られる仕組みです。


※コンサル系の募集マッチングサイト(ビザスク・ココナラ・タイムチケット)

ビザスクでコンサルの顧客を捜す方法は二通りあります。まず自分の経歴(レクチャーできるジャンル)を登録しておき、質問者からの依頼を待つ・・・という待ちの方法です。

もう一つは、公募されている案件に、自ら立候補していく方法です。ビザスクでは「ヤフー知恵袋」のように、困り事を質問して解決者を募ることができるので、様々な企業・団体が解決したい悩みを投稿しています。公募されている案件は、例えば・・・

・自社アプリの開発手順や運用ノウハウを知りたい
・社内イントラネット設計で注意点等を聞きたい
・進入社員の効率的な教育方法を知りたい

などといった、如何にもありがちな問題のアドバイスを求める質問だったり

・エステ業界の現状や問題点をヒアリングしたい
・農家で販路拡大をするための障壁と突破方法を聞きたい
・30代女性向けのカフェ運営者のノウハウを聞きたい

といった、特定分野の経験者に対する質問や

・マンション管理組合で大規模修繕工事の施工会社選びのコツ
・持ち家で共働き夫婦(DINKS)の家計状況をインタビューしたい

といったような、ビジネスマン対象というより、経験のある・該当する一般人としての感想・体験談(口コミ)を求めるような質問まで投稿されています。

報酬はジャンルや依頼者との商談次第ですが、ビザスク公表値は「1時間のコンサルで平均1.5万円」が相場です。そこからビザスクに手数料を取られますが、概ね時給1万円以上の世界になるので、一般的なコンサルタントの報酬と変わらない水準です。

マッチングサイトで経験と実績を作るのが第一歩

このビザスクを使って、まずはコンサルタントとしての実績・経験を積むのです。いきなり自らクライアントを探すのはハードルが高すぎますが、様々な悩み・相談が集まってくるビザスクなら、自分が役立てる顧客を容易に探すことが可能です。

 
 

最終的には、自分で固定客を掴んで直契約するのが最も儲かりますが、コンサルを始める取っかかりとしては、実績を積めるビザスクのようなサービスは貴重です。マッチングサイトで経験を積み、あわよくば直契約できる顧客を探す〜というのが、最も効率的にコンサルビジネスを軌道に乗せる裏技です。

ビザスクと同様のマッチングサイトとして「ココナラ」や「タイムチケット」等も有名です。ココナラは、プログラミングやイラストレーターや作曲・ナレーションなど、クリエイティブな依頼が多いのが特長。またタイムチケットは、ビジネスユーズ・BtoBの依頼だけでなく、インスタ映えする写真の撮り方とか恋愛相談といった個人レベルの悩み相談も多いのが特長です。

コンサルタントになる方法〜未経験からコンサルを始める裏技まとめ
・まずはビザスクやココナラやタイムチケット等を利用する
・それらマッチングサイトで経験と実績を積む
・最終的にはクライアントと直契約で高報酬を目指す

コンサルタントはあくまでアドバイスするだけであり、その結果に責任を持つ訳ではないです。ネットではコンサルタントが「口先だけで無責任なぼったくりビジネスだ」という口コミが溢れていますが、ある意味その通りです(笑)。コンサルは最も簡単に暴利を貪れる、最強のビジネスですから、ぜひ自分の経験値をマネタイズできる依頼がないか?ビザスクなどのマッチングサイトで探してみるべきです。

コンサル業界には、マッキンゼーやBCG(ボストンコンサルティング)といった世界的外資や、三菱総研やNTTデータ、野村総研や船井総研といった財閥系企業や上場企業が幅を効かせています。しかし中小企業や小規模団体向けなら、脱サラした個人事業・フリーランスがコンサルタントになることも十分可能です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.