裏技ドットコム

フリーライターの仕事単価の相場一覧

HOME > 就職・転職 > フリーライターの仕事単価の相場一覧

出版社・新聞社などの特定の会社に属さないで、物書きで生計を立てる人達を「フリーライター」と呼びます。実は週刊誌の記事などは、出版社の社員ではなく、外部のフリーライターが執筆したものも多いという裏事情もあります。

昔から、フリーランス(自営業者)の中でも、代表的な職業であったフリーライターですが、その仕事単価の相場は、雑誌不況の影響で近年は下落傾向です。特に、インターネットの「クラウドソーシング」を使って募集されるWEB系のライター記事は、参加のハードルが低いことや、後述する低品質でもOKな事などが理由で、とてつもなく低単価です。

まず始めに、各媒体ごとのフリーライターの仕事単価の平均相場をまとめてみました。

・雑誌(週刊誌);400文字=2〜5千円(1文字5〜10円程度)
・業界専門誌;400文字=1〜8千円(1文字2〜20円程度)
・WEB系ライター=1文字1〜5円程度
・クラウドワーク系ライター=1文字0.2〜3円程度

まず、雑誌や書籍などの紙媒体系よりも、ネット系媒体の方が平均的に単価が安い傾向です。特に酷いのが、ランサーズやクラウドワークス等で募集される記事で、1000文字で200円以下という超絶低単価のものもあります。低品質な文章でOKなうえ、専門性の薄い内容なので、ワープアなフリーターや主婦が内職がてらに応募するので、こんな低単価でも受注成立するのです。

このような超低単価記事は、アフィリエイト業務の企業が、自社の本命サイトへリンクするだけが目的の「サテライトサイト」に使われるので、低品質でもOKなのです。脱毛・カニ通販・カードローン・債務整理などの募集が多いのは、そのようなアフィリエイトサイトへリンクするからです。

但し、クラウドソーシング系のライター仕事が、全てゴミ単価な訳ではありません。法律が絡むような内容のジャンルや、中国語の翻訳が必要な文章など、専門性が高く素人が参入できない文章であれば、1千文字=1万円を超える相場で募集されることもあります。この辺は、後述する紙媒体のライターと同じで、需要と供給、誰でも可能な仕事は買い叩かれるというだけの話です。

実際に、クラウドソーシングのみで受注するライター業務でも、年収500万円以上を稼ぐ人だって何人も居るようですから、要は専門性の深さと単価が比例する訳です。

新聞・雑誌は400文字=5千円前後が相場だったが・・・

次に、従来からある紙媒体(新聞・雑誌・書籍など)のフリーライターの単価です。こちらは『MAG〜メディアアクセスガイド』という、各媒体毎の仕事の裏情報が載った書籍があるので、そのデータを抜粋してみます。

2002年出版と情報はかなり古いですが、ここまで詳細に載っている情報源は近年は皆無なので、今でも参考にはなるかと思います。また、情報ソースはフリーライターへの逆取材であり、個々人の技量・実績によって相場が変わってくるので、あくまで口コミ情報だとお考え下さい。

メディアアクセスガイド出典〜ライターの単価の平均・相場
・週刊エコノミスト;400文字=3千〜5千円(経費負担無し)
・クロワッサン;400文字=8千円
・週刊現代;1ページ=4〜10万円(経費別途)
・サンデー毎日;1ページ=2〜4万円
・週刊プレイボーイ;1ページ=3〜6万円(経費別途)
・月間PHP;400文字=8千円(経費別途)
・月間文藝春秋;400文字=5千円〜
・別冊宝島;400文字=4〜5千円(経費別途)
・朝日新聞;600文字+写真1枚で4万円、など
・聖教新聞;400文字=11111円
・日刊ゲンダイ;1200〜1500文字=33333円

同書によると、有名雑誌や新聞の外注単価は、原稿用紙1枚(400文字)で平均5千円程度、1文字あたり10円前後が相場です。また媒体によっては、取材に掛かった経費(交通費・宿泊費など)も領収書があれば満額もらえるケースも多いようです。

ただし問題は、上記のメディアアクセスガイドという書籍、15年以上前の本なので、現在では状況が少し変わっている事です。ご存知のように近年は出版不況で、新聞や雑誌の売上部数は激減しており、その煽りでライターの仕事単価の相場も下落している〜という口コミが多いです。

2002年といえば、まだネットのADSL回線が黎明期〜多くの人がダイアルアップ接続していた時代で、勿論スマホなんて存在していません。この15年ほどで人々の活字に触れる環境は激変し、紙とネットが競合する時代へと変貌しました。

今後の紙媒体は、文藝春秋や週刊現代のようなスクープ系雑誌と、特定のジャンルに特化した専門誌だけが生き残れないという口コミが支配的です。当然、雑誌を主戦場とするフリーライターも、激しい競争に晒され、廃業を余儀なくされる人も増えていくでしょう。

しかも、専門誌といっても週刊ベースボール・週刊ゴルフダイジェストみたいな大衆向けよりも、「家主と地主」「月刊住職」のような業界紙・マニアックな雑誌ほど、生存性が強いと思われます。専門誌はそのジャンルに精通したスペシャリストのライターしか書けないので、その人達は参入障壁に守られるでしょうが、業界の将来と一蓮托生になるリスクがあります・・・。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.