裏技ドットコム

自動運転化が進んでもタクシー運転手が絶対に無くならない裏事情

HOME > 就職・転職 > 自動運転化でもタクシー運転手が無くならない裏事情

近年、車に人工知能(AI)を搭載した自動運転技術が格段の進化を遂げています。2018年現在で販売されている自動運転の車は、事故防止や運転支援などのサポート機能に止まっていますが、今後は完全自動運転の技術が確立し、ドライバーのいない車が道路を走る時代がやって来るというのが定説です。

このように車の自動運転化が進む事で、近い将来には「タクシー運転手の仕事が無くなるだろう」という口コミも聞かれます。しかし実際には、タクシー運転手という職業が、簡単に無くなる事は絶対にありません。その裏事情を暴いてみます。

★関連ページ;一生安泰な・食いっぱぐれない職業

タクシー運転手が無くならない表向きの理由は、安全性の実証に時間が掛かる事です。車の自動運転は、その機能によってレベル0〜5までの6段階に区分されています。このレベル分けは、アメリカの自動車技術者団体「SAEインターナショナル」によって定められています。

自動運転レベル 自動運転機能 事故の責任
レベル0 非自動運転 自動運転機能の無い車 ドライバー
レベル1 運転支援 加速・操舵・制動のいずれかを車がサポート ドライバー
レベル2 部分自動運転 レベル1の複数の操作を車がサポート ドライバー
レベル3 条件付き自動運転 高速道路など特定の場所で自動運転 
緊急時はドライバーが操作
メーカー
レベル4 高度自動運転 基本的にドライバーが不要な自動運転
天候や視界状況が悪い場合はドライバーが必要
メーカー
レベル5 完全自動運転 どのような条件下でも自動運転出来る メーカー

2018年現在の自動運転に関する技術は、全てレベル0〜2であり、それ以降のレベルはまだ実用化には至っていません。日本では2017年12月に初めて、公道での無人の自動運転車実験が行われたばかりであり、安全性が実証されるにはまだまだ時間が掛かると予測されています。

ドイツのアウディは、2018年内に量産車として世界初のレベル3となる「アウディA8」の発売を予定しています。

加えて、日本の行政はほとんどの分野で、安全性の認可に慎重すぎる姿勢な事も拍車を掛けます。例えば医療分野では、海外では使用されている薬が日本では認可が下りないために、国内では治療が受けられない「ドラッグラグ」という問題が頻出しています。日本のドラッグラグは、アメリカと比較して平均4年以上の差があるという口コミが支配的です。

日本の安全検証の遅さは、担当省庁の官僚が、利便性や技術革新よりも、問題が起きた時に「自分が責任を負わされたくない」という消極的な姿勢が元凶です。この官僚の行動原理は未来永劫絶対に変わらないので、おそらく自動運転の技術についても、日本で認可されるのは欧米諸国よりも遅くなると推測されるのです。

タクシー運転手は雇用の受け皿なので、絶対に無くせない!

また、たとえ政府が認可したとしても、自動運転の車を信用しない〜乗車を避ける人も大勢いるでしょうし、万が一事故が起きた場合の責任の所在(保険会社か自動車メーカーか?)の問題もあります。ゆえに、日本で自動運転の車が普及するのは何十年も先であり、タクシー運転手の仕事があと10年や20年程度で無くなるとは考えづらいのです。

もう一つ大きな裏事情として、タクシー業界は失業者のセーフティーネットになっている側面があります。日本は欧米諸国よりも雇用の流動性が低く、特に中高年はリストラされると、再就職はタクシー運転手か警備員くらいしか職種は無いのが現状です。タクシー業界は、中高年失業者の雇用の受け皿なのです。

全国ハイヤー・タクシー連合会のデータによると、2011年時点のタクシー運転手は全国で約34万人もいます。もしタクシーが自動運転化されると、日本中で大量の失業者が生まれる事になります。この裏事情により、仮に自動運転技術が確立されても、政府は当面は旅客運送業務へは認可しない(できない)のです。この裏事情こそが、タクシー運転手があと数十年は無くならない職業であり続ける事の、最大の理由です。

タクシー運転手が無くならない裏事情まとめ
・完全自動運転はまだ実験段階で、実用化されるには時間が掛かる
・実用化されても安全性や事故の保障問題が残る
・タクシー運転手は雇用の受け皿なので、認可すると失業者が激増する

余談ですが、タクシー運転手は「薄給で長時間労働」というイメージを持つ人が多いでしょう。しかしタクシードライバーも、工夫次第で高い年収を得る事も可能だという事例もあります。

例えば、作家の志茂田景樹氏の息子=下田大気(しもだひろき)氏は、タレント活動や会社経営で失敗した後にタクシー運転手に転職し、大成功した事が口コミで広まりました。タクシー運転手の平均年収は約300万円ですが、下田氏は年収800万円を稼ぐカリスマタクシードライバーでした。「時間帯に応じて駅前・ホテル・病院など待ち場所を変える」「スマホのアプリで電車の遅延情報を入手する」「ラジオで野球中継を聞いて試合終了時刻をチェックする」など、利用客の多い場所や時間帯を効率的に巡回するのが、売上を増やせる裏技だそうです。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.