裏技ドットコム

労働が全く無い裏バイトその1〜治験

HOME > 就職・転職 > 労働が全く無い裏バイト

ワタミやセブンイレブンなど、ブラック企業と名指しされる会社では、社員だけでなくアルバイトにも過酷な労働やノルマを押しつけている、という内部告発が口コミが広まっています。一方で、こうしたブラック企業とは対照的に、労働を一切しないでもお金が稼げるという、夢のようなアルバイトも存在し、その代表が「治験」と呼ばれる裏バイトです。

治験とは、新しく開発された薬や健康食品などについて、その安全性や有効性を確認するために行われる臨床試験の事です。治験には通院と入院の2つのタイプがあり、入院の場合は数日間拘束される事になりますが、その分時給が良いです。

入院といっても、検査時間以外は基本的に自由に使えるので、漫画を読んだりゲームで遊ぶなど、好きな事をしながら過ごせます(治験内容による)。通院と入院のいずれの場合も、薬を服用して効能を調べるだけなので、直接的な労働は一切不要であり、接客などが苦手なコミュ障の人でも出来るバイトです。

治験に参加できる条件は、20歳以上の日本人で健康的な人が基本です。但し、持病や疾患がある場合でも、むしろその症状を対象にした治験もあるので問題ないです。例えば「BMI30以上の肥満の人が対象」といったように、不健康な人でも参加出来る募集もあるのです。

薬の使用後には、血液検査、血圧測定、問診などが行われ、体調の変化などがチェックされます。薬によっては、特別な検査が行われる事もあります。自営業・フリーランスの人のように、会社員のように定期的な健康診断を受けていない人には、治験は様々な検査をしてもらえるので一石二鳥だというメリットもあります。

治験バイトの探し方はネットが基本

なお、厳密には治験は「ボランティア」であってバイトではありませんが、治験に参加する事で負担軽減費という名目(名称は治験協力費など様々)でお金が得られるので、実質的にはアルバイトと同義と言えます。負担軽減費は治験の内容によっても変わってきますが、通院の場合は日給1万円程度、入院の場合は1泊1〜2万円が相場です。

治験はいわば薬の実験台になる事なので、その副作用を心配する人もいるでしょう。しかし、新薬の開発でいきなり治験が行われる事はありません。それまでに何度も動物実験などを繰り返し、かなりの安全性が認められた薬だけが、最終試験として人間向けの試験に回されるからです。よって、治験で大きな副作用が起きるリスクは小さいです。

また治験は、薬だけでなく健康食品やサプリメントなどライトな商品で行われる事も多いので、心配な人はそちらの治験を選ぶと良いです。

労働が全く無い裏バイトまとめ
・治験は薬の効果を試すバイトで、一切労働する必要がない
・治験の報酬は日給1万円以上と高額
・但し副作用のリスクはゼロではない事には注意

治験の募集をしている企業は、基本的にネットで探すしかありません。治験は求人雑誌には載らない裏バイトなので、日給が良い割には倍率はそれ程高くありません。多少のリスクさえ覚悟すれば、短期間で高収入が得られる、非常に割の良いバイトと言えます。無論、絶対安全という保証は無いので、参加は自己責任で願います。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.