裏技ドットコム

アイディアを出すコツはパクリである!

HOME > 哲学・心理学 > アイディアを出すコツはパクリである!

クリエイターを目指す学生に多いのが「アイディアの出し方が分からない」という悩みです。実はこれ、一般のサラリーマンでも「企画のアイディアが沸かない」「何かいいネタを思い付く方法は?」と困っている声を非常によく聞きます。日本人は決められたルール・テンプレがある物を改良するのが得意だが、1からアイディアを出すのは苦手だ、ともよく言われています。

しかしこの悩みは、実に単純な考え方で解決します。というのは・・・

アイディアの本質は、パクリとリミックスである

からです。天才画家・ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」という言葉を残しています。スティーブ・ジョブズや発明王・エジソンも、実は部下やライバル会社のネタをパクって商品化した物が多いことを「自白」しています。歴史に名を残す偉人達も、全て1からアイディアを出してきた訳ではなく、多くがパクリ・模倣から生まれたのです。

★関連ページ;良いアイディアが思いつく最強の裏技は散歩

例えば、大人気映画「スターウォーズ」で使われるライトセーバーの殺陣シーンは、「7人の侍」など黒澤明の映画をモチーフに考えられた事は、ファンの間では有名です。そして日本で最も人気のロボットアニメ「機動戦士ガンダム」のビームサーベルでの戦闘シーンは、原作者・富野由悠季のオリジナルではなく、スターウォーズから模倣したアイディアです。更に後のアニメ、例えば「新世紀エヴァンゲリオン」は、作者・庵野秀明がガンダムの大ファンだったので、その要素が多分に盛り込んで作られています。

また大ヒットドラマである「古畑任三郎」や「相棒(杉下右京)」が、かつての名推理サスペンス=刑事コロンボのオマージュである事は、年配の人なら一目瞭然です。

映画・ドラマやアニメ・漫画・小説など芸術分野の世界では、作者が若い頃に好きだった作品の要素が、多かれ少なかれ必ず盛り込まれています。芸術の世界では「パクリ」を「オマージュ」と呼び、尊敬の念が込められています。なのでアイディアの模倣が入っていても、完全な盗作でも無い限り、原作者から咎められる事はまず無いそうです。名作の模倣でも、幾つもの作品からパクリを重ねてリミックスすれば、それは新たなオリジナルとなるのです。

上記動画のように、人気漫画家=東村アキコさんは「美内すずえ(ガラスの仮面)や山田玲司(Bバージン)の完全パクリ」だと公言しています。そして山田玲司さんもまた、崇拝する手塚治虫の真似をして漫画を書いていると告白しています。漫画家に限らず、芸術分野では自分が好きだった作品のオマージュが入るのは、当然の行為なのです。

オマージュ・模倣が無ければ、良いアイディアなど生まれない

一方で日本の一般世論的には、パクリ(オマージュ)は徹底非難される傾向が強いです。オリンピックのロゴマークで、佐野研二郎というクリエイターの原案が「パクリだ!」とテレビ等で非難された問題は、記憶に新しいでしょう。

しかし、ロゴマークのような平面デザインだと、完全オリジナル〜似ているモノが世界に一つもない〜なんて形は、現実的に作りようがないのです。ネットで簡単に世界中のロゴマークを検索できる現在では、イチャモンを付けようと思えば幾らでも類似ロゴを探してくる事が簡単に出来てしまいます。

※何処にも類似品がない形や色合いを突き詰めると、ピカソやゴッホの晩年の絵のように、誰にも理解できない、受け入れ難い見た目になってしまいます。

佐野研二郎氏のような有名クリエイターの脳内には、これまで見てきた様々なデザインが無数に記憶されています。自分でデザインを描く時には、ゼロから何かを考えるのではなく、無意識で過去に見た色・形などを組み合わせて、アイディアを考え出しているのです。

佐野研二郎氏が、意図的にデザインをパクったのか、真似する意図は無かったが似たものが出来てしまったのかは知りませんが、現代社会で「完全オリジナル・唯一無二のアイディア」なんてものは、物理的にあり得ないと思うべきです。

アイディアを出すコツはパクリである!まとめ
・アイディアの本質は、パクリとリミックスである
・エジソンもピカソも、ガンダムや古畑任三郎も、オマージュの産物
・現代社会で、世界で唯一無二なんてモノはありえない

冒頭で言った「日本人はアイディアを出すのが苦手」である理由は、実はパクリ・模倣をやってはいけないことだ・・・と強く思い込んでいるからだと言えます。日本人のモラルの高さが、他人の良いモノを真似することを拒んでいるのです。

海外では「全てのアイディアはリミックスである」とか「新しいアイディアとは既存のアイディアの組み合わせに過ぎない」などの格言が残っています。良いネタを流用して、新しいアイディアを生み出すことは、悪いことではなく当然の行為だという風潮です。

そもそも日本が世界に誇るモノ作り〜自動車や家電メーカーは、アメリカ製品を分解・模倣して更に良いものを作る「リバースエンジニアリング」で世界を席巻する事ができたのです。日本人は「オリジナル=ゼロから何かを生み出す」という固定概念を捨て、良いモノをパクリ合わせて新しいモノを生み出すのだ・・・と意識転換すべきですね。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.