裏技ドットコム

二重窓を簡単に自作(DIY)する裏技

HOME > 不動産 > 二重窓は防音・断熱効果が高い

家を新しく建てたり借りたりする場合には、二重窓(二重サッシ)が圧倒的に有利です。

二重窓は主に、北海道や東北など寒い地域の住居で用いられ、またビジネスホテルだと静音性アップと冷暖房効果をあげるため、地域を問わず大抵どこでも二重窓になっています。二重窓は、通常の窓は無論、ペアガラスと比較しても、圧倒的に防音や断熱の効果が高く、また結露もしにくいというデータがあるからです。

★関連サイト;二重窓の効果(防音・断熱)の高さを示す実証データ

似た構造のものに「ペアガラス」という窓もありますが、こちらは2枚の窓ガラスを一つに重ね合わせたような物に過ぎず、二重窓とは根本的に異なります。よってペアガラスでは、二重窓ほどの防音・断熱効果は得られません。

ゆえに、これから家を建てる人や、新しく賃貸住宅を借りる人は、絶対に2重窓の不動産を選ぶ事をお勧めします。とは言っても、既に普通窓の家を買ってしまった人や、周辺にそのような賃貸物件が見当たらないケースも多いです。当然ながら二重サッシを導入するのはコストが増えるため、賃貸の安アパートでは導入はありえないです。

しかし諦める必要はありません。実は、通常窓の家に住んでいる人でも、自力で簡単に二重窓に作り替える裏技もあるのです。ホームセンターやAmazonなどでは、二重窓へのDIYキットが販売されており、安い物なら数千円で購入可能です。

簡単に自作できるのでコスパ最強!

上記のように、単に既存の窓にフィルムを貼り付けるだけの簡単な作業ですが、断熱効果は非常に高いです。上記の動画のように、冬場で通常の窓と比べて約7℃も暖かくなるという検証結果も出ています。たった数千円ですから、冷暖房費の節約だけでもすぐに元が取れるはずです。

★簡易の二重窓DIYキットでも効果絶大!

ネットでフィルム貼り付けキットのレビューを見ると「シワが入ってピンと張れない」「途中で破れた」など、取り付けが難しいという口コミも見られます。また見栄えを気にする人は、窓ガラスの透明度が下がるので、抵抗があるかも知れません。

リフォームして本当の二重窓にすれば、このような不満はかいしょうされますし、防音・断熱効果も間違いないです。ただし、リフォーム会社に二重窓への付け替えを依頼すると、窓一つにつき最低10万円程度はかかります。コスパを考えると、上記のDIYセットで十分では?

そもそも断熱効果は、完全に中の空気を密閉できなくても(多少効果は落ちますが)十分に機能します。つまり、フィルムを貼る際に隙間ができたり、小さな穴が開いたりしても、2重窓の効果は得られるのです。加えて、冬場の結露〜窓ガラスが水浸しになる事も大幅に防げます。

二重窓を簡単に自作(DIY)する裏技まとめ
・二重窓だと、約7度も断熱効果が上がる!
・通常の窓の家でも、DIYキットを使えば自作の二重サッシにできる!
・リフォームするよりも自作した方が圧倒的にコスパが高い

上記では触れませんでしたが、自作の二重窓は防音性能もある程度アップします。ただし防音効果は、空気の密閉度と厚みが大きく影響するので、本当の二重サッシと比較するとかなり劣ります。また防犯効果についても、当然ながらさほどアップしません。それでも、数千円でこれだけの断熱効果が得られるのですから、コスパ的に最強の裏技だと思いますよ。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.