裏技ドットコム

マンションは戸建てよりも隠れたデメリットが多い!

HOME > 不動産 > マンションは戸建てよりもデメリットが多い!

住宅の購入について、駅近のマンションか?郊外の一戸建てか?選択を悩んでいる人は多いでしょう。近年は都心部だけでなく、田舎や地方にもマンションが増えており、選択肢の幅がひろがっています。しかし実は、マンションは戸建て住宅よりも隠れたデメリットが多いので、検討の際には十分に注意が必要です。

マンションの隠れたデメリットの一つ目が、通勤や通学の時間帯のエレベーターの待ち時間が長い事です。特に、タワーマンションの上層階の場合は、朝の通勤ラッシュ時間帯では20分以上待たされる〜なんて口コミもある位です。無論、戸建て住宅では完全無縁の問題点です。

他に、洗濯物をベランダに干せないというデメリットもあります。マンションの高層階は風が強く、洗濯物が飛ばされやすいのです。そのうえ、景観が損なわれるなどを理由に、管理組合によってベランダに洗濯物を干す事を禁止しているマンションも少なくないです(ブランド化している地域〜東京の勝どき・豊洲等の湾岸タワーマンションでは全て禁止です)。

騒音トラブルも、戸建てでは問題にならない、マンション特有の大きなデメリットです。マンションの配管は建物内に張り巡らされており、洗濯、入浴、トイレなどの騒音は防げないです。夜中に水周りの利用をする事は、近所迷惑になる恐れもあるので注意が必要です。

特に、高層マンションほど構造上の問題で、騒音が大きくなりがちな事も盲点として注意すべきです。タワーマンションのような高い建造物では、重量オーバーになるので分厚いコンクリートの壁や床は使えません。ゆえにタワーマンションは値段が高い割に壁や床が薄く、防音製が低いので「隣人が五月蠅い!」という怒りの口コミがかなり多いという裏事情があるのです。

マンションは災害に極めて弱いという事も大きな問題です。最新のタワーマンションなどでは、地震で倒壊しないようあえて大きく揺らしてダメージを受け流す構造をしているので、中国の手抜きビルのように折れて倒壊する危険性は低いです。しかし揺れが大きい分、室内の家具や食器等が壊れるリスクはむしろ高い訳です。

また高層マンションで火事が起きた場合は、上層階の住人は逃げ場がありません。消防車のはしごの長さは30m程度なので、10階程度までしか届かず、それ以上の高さがあるマンションの場合は救助が困難になります。無論、火事の発生確率など決して高くはないですが、起きた場合には悲惨な事になるのが確実です。

修繕積立金の値上げ問題こそが最大のリスク!

そしてマンション最大のデメリットが、修繕積立金が将来的に値上がりする可能性が高い事です。マンション購入者は管理組合に入り、毎月管理費や修繕積立金を支払う必要がありますが、将来的には当初の設定金額よりも高額になる可能性が高いのです。

管理組合とは、マンション全体の運営を行う組織であり、毎月の家賃とは別に、管理費や修繕積立金などを負担する必要があります。管理組合への加入は、区分所有法という法律で定められていて、拒否は出来ません(⇒マンションの管理組合に入らない裏技はあるのか?)。

マンションはそれぞれの居住スペースだけでなく、エレベーターや駐車場など、住人全員の共有部分もあります。こうした共有部分のメンテナンスや修繕などのために、管理費や修繕積立金などを支払う必要があるのです。管理費と修繕積立金は、合計で1〜2万円程度が相場です。

仮に「自分は1階に住んでいるのでエレベーターは使わない」「車には乗らないので駐車場は必要ない」という場合でも、管理費や修繕積立金は住人全員が納める事が義務付けられているので、支払いの拒否や割引なども出来ないのです。ちなみに、エレベーターが故障した場合は、修理に数百万円掛かる事もあります。

そしてマンションの空き部屋が多くなると、その分だけ住人の負担が増加するというのが、隠れたデメリットとして最も危険な点です。近年は少子高齢化による人口減少に反して、住宅供給数は増え続けているので、空き家率は高まる一方です。当然、マンションでも空室率は上昇していく事が確実なので、修繕積立金は将来、値上がりする可能性が極めて高いのです。

仮にお金が足りていても、修繕が満足に進まないリスクすらあります。マンションのエレベーターや水周りなどの設備は、稼動年数30年程度が限界と言われています。そのため、寿命を迎える前に建て替えや修繕が必要になるのですが、マンションの建て替えは住人の5分の4以上、改修は4分の3以上の同意が必要と法律で定められています。

住民が多いほど、また空室が多いほど、同意を得るのは困難になってきます。タワーマンションのように住人が1000人を超えるような所では、8割の住人の同意を得るなんてことはまず不可能です。ゆえに、老朽化しているにも関わらず修繕が一向に進まず、半ばスラム化するタワーマンションも増えていくだろうと予想されています。

マンションは戸建てよりも隠れたデメリットが多い!まとめ
・通勤時間帯はエレベーターの待ち時間が長いので注意!
・高層マンションほど騒音問題の口コミが多い事は盲点!
・修繕積立金は将来的に値上がりする可能性が高い!

このように、マンションには戸建てにはない隠れたデメリットが数多くあります。特に修繕積立金問題は、販売業者にとっては最も都合の悪い事実なので、見えにくくされている事が大半です。不動産業界紙や大手WEBサイトなども、基本的に業界の提灯記事・ステマの口コミが大半なので「修繕積立金は将来値上がりするので注意!」なんて情報は載りにくいのです。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.