裏技ドットコム

お墓を建てないという裏技

HOME > 冠婚葬祭 > お墓を建てないという裏技

お墓を建てるのに必要な料金は、墓石の購入費用と永代使用料を合わせて平均200万円かかるとの統計です(鎌倉新書社のユーザー調査)。一方で近年は日本人の宗教観が希薄化しており、200万円もお金を払って墓を買うなんて馬鹿げている!と思う人が増えています。

実は、そもそもお墓を建てて供養する事は、法律で決まっている訳ではありません。よって「お墓を建てない」という裏技もありますので、その方法を幾つか紹介してみます。

※注意;墓地として認可された場所以外に、遺骨を埋める事は法律違反です(死体遺棄罪)。例えば自宅の敷地内に、勝手にお墓を作って埋葬するという事は出来ません。

ゼロ葬;直葬(葬式を行わない)+遺骨を処分してもらう

例えば、直葬(ちょくそう)という、通夜やお葬式の儀式を全て省いて、火葬のみを行う葬儀形態があります。直葬では、故人の遺体を直接火葬場に搬送し、その場でお坊さんに読経してもらうだけで終了です。その発展系として、遺骨を火葬場で処分してもらう「ゼロ葬」という方法があります。ゼロ葬とは、直葬した後にお墓に納骨せず、遺骨を処分してもらってそれで全て終了〜という方法です。

直葬の料金は葬儀会社によって違いますが、概ね10万円前後で、ゼロ葬も同様です。ただし、日本の法律では死後24時間経過しなければ火葬を行う事が出来ないと定められているので、その間は自宅で遺体を安置する必要があります。また「ゼロ葬」は、大阪では可能な火葬場が多いですが、東京ではほぼ不可能であるなど、地域差が大きい事にも注意が必要です。

散骨;海に遺骨を蒔いて供養する

他の裏技として「散骨」という方法もあります。散骨とは、故人の遺骨を粉末状にしたものを、船から海に蒔いて供養する方法です。散骨はお墓を購入する料金が不要なうえ、墓の管理の手間も掛からないというメリットがあります。

散骨に掛かる費用は、会社によって幅がありますが概ね20〜30万円で済むので、お墓を購入するよりずっと安いです。中には散骨作業を全て代行してくれる業者もあり、その様子を写真に撮影してくれるサービスもあるので、足が悪い高齢者などでも利用しやすくなっています。

手元供養;仏壇に納骨、アクセサリーにする、など

また最近では「手元供養」という方法も広まっています。手元供養とは、お墓への納骨は行わず、自宅で遺骨(の一部だけ)を管理するという方法です。手元供養には大きく分けて二種類あり、一つは骨壷に入れて仏壇などに保管しておく方法、もう一つが遺骨を指輪やペンダントなどのアクセサリーに加工する方法です。アクセサリーにして身に付けておく事で、故人をいつでも身近に感じる事が出来るのがメリットです。

骨壷は概ね1万円程度、アクセサリーの加工費用は3〜5万円程度が相場です。基本的に、手元供養で保管するのは遺骨の一部であり、残りは火葬の際に処分してもらうケースが多いです。

お墓を建てないという裏技まとめ
・法律上、お墓を建てて供養せずとも問題ない
・ゼロ葬なら火葬と最低限の読経だけなので10万円程度で済む
・遺骨を海に蒔く散骨は、お墓を建てずに済むので安い

最後にお墓を建てない特殊な方法として、一心寺に納骨するという方法もあります。一心寺は大阪市天王寺区にあるお寺で、骨仏(こつぼとけ)という形式で、宗派や宗教を問わず誰でも納骨を受け付けており、料金は1〜3万円と格安です。経済的に余裕がない人の駆け込み寺として、関西では有名な存在です。

★参考サイト;お金が無い人は一心寺へ納骨しよう

このように、実はお墓を建てないで個人の遺骨を供養する方法は、幾つかあるのです。近年では葬儀業界のボッタクリは有名になりましたが、お墓が200万円も掛かるというのは、その最たる例です。先祖の家墓があるならいざ知らず、新たにお墓を建てるなど、お金に余裕があって、かつ信仰心の厚い人だけの行為になっていくことでしょう。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.