裏技ドットコム

運転免許を安く取る裏技

HOME > 日常生活 > 運転免許を安く取る裏技

運転免許を取得するには、自動車教習所に通って道路交通法や運転技術を学び、試験に合格するのが一般的ですが、およそ30万円のお金が必要です。しかし、免許取得の費用を安くする方法もあります。

運転免許を安く取る方法の一つが、オートマ限定の免許を選ぶ事です。自動車のトランスミッション(変速機)は、車の速度に合わせて自分の操作でギアを変更するマニュアルトランスミッション(MT)と、自動的にギアチェンジが行われるオートマチックトランスミッション(AT)の二種類があります。マニュアル車は多少操作が複雑な分、オートマよりも教習時間が長く設けられており、その分教習費用が高くなっています。オートマ免許を選択する事で、費用が1〜2万円程度節約出来ます。

注意すべき点は、オートマ免許ではマニュアル車を運転出来ない事です(逆は可能)。しかし、一度マニュアル免許を取得した後でも限定解除という方法があり、新たに4時間の技能講習を受ける事で、マニュアル車の運転が可能になります。限定解除には5万円程度掛かりますが、マニュアル車など一生運転しない人の方が多数派なので、この費用を払う事はまずないはずです。

2000年頃までは、男はマニュアル免許でないと就職出来ないとも言われていましたが、近年は商用車〜トラックやライトバン等もほとんどがオートマ車になっているので、マニュアル免許が必要になる場面は少ないです。2017年現在、日本のオートマ車の比率は90%を超えています。

合宿免許は宿泊費を含めても通常より安い!

他に、運転免許を安く取る方法は合宿免許です。何日も教習所に通う通学免許と違い、合宿免許は2週間程度の短期間で免許が取得出来る方法です。合宿免許には食事代や宿泊費用なども掛かりますが、実はそれでも20万円台と、通学免許よりも10万円近く安くなる場合もあります。

合宿免許が安い理由は、教習所側がスケジュールを組みやすい点です。通学免許の場合、生徒は希望する時間に予約が取れないケースもありますし、逆に予約していても直前でキャンセルせざるを得ない場合もあります。このように教習所側にとってはスケジュール管理が面倒で、無駄な空き枠が多発して非効率です。

一方、合宿免許は予め組まれたスケジュール通りに授業が行われます。ゆえに、指導員のスケジュールに無駄な時間が発生しないので、コストを安く設定出来るのです。また、短期間で生徒が免許を取れれば、それだけ「客の回転率」も上げられるので、運営効率も上がるのです。だから受講生にも、コスパの良い料金を設定できるのです。

ただし、合宿免許は2週間程度のまとまった休みが必要なので、大学生やフリーターなど、時間に融通の効く人でなければ参加は難しいのがデメリットです。

運転免許を安く取る裏技まとめ
・オートマ限定免許なら1〜2万円安く取得できる
・合宿免許ならば宿泊費込みでも10万円近く安くなる
・一発試験という裏技もあるが、コスパは腕次第・・・

ちなみに、教習所にも合宿にも行かずに免許を取得する、正真正銘の裏技的な手段もあります。それが一発試験と呼ばれる、運転免許試験場で直接試験を受ける方法です。教習所はあくまでも道路交通法や運転技術を学ぶために通う場であり、既に技術や知識がある人は、教習所に通うことは必須ではありません。一発試験ならば、費用は25000円程度で済みます。

とはいえ一発試験は本来、一度免許を取った人が免停などで再取得が必要な場合に利用される制度です。一発試験では些細なミスでも原点対象となるので、これまで一度も免許を取った事がない人が合格するのは極めて難しく、合格率は例年5%程度となっています。何度も一発試験を受け直すリスクを考えれば、素直に教習所に通う方がコスパが良いかもしれません。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.