裏技ドットコム

日本のプロゲーマーが低年収な裏事情

HOME > 就職・転職 > 日本のプロゲーマーが低年収な裏事情

近年、海外のゲーム市場ではeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)の人気が高まっています。eスポーツとは、ゲームをスポーツと捉えた競技の事で、野球やサッカーの試合を行うのと同じように、ゲームで対戦をして勝敗を決めるというものです。

eスポーツに参加するプレイヤーの多くは、ゲームをプレイする事でお金を稼ぐ「プロゲーマー」です。世界のプロゲーマーの中には、年収1億円を超える程の選手も多数存在しており、一流のトップアスリートにも引けをとらない人気を獲得しています。eスポーツでは賞金総額が10億円を超える大規模な大会もあり、ゲーム市場を大きく盛り上げています。

ですが、日本ではeスポーツはまだまだ知名度が低いです。実際のところ、日本人プロゲーマーは何名も存在し、eスポーツの大会も一応は行われていますが、まともな賞金が掛かっておらず、プロゲーマーもほとんどが低年収に甘んじています。日本のゲーム業界の抱える問題や、文化の違いが壁になっているという裏事情があるのです。

プロゲーマーの収入形態

個人競技のプロ集団〜例えばゴルフや将棋などでは、日本プロゴルフ協会(PGA)や日本将棋連盟といった統括組織があり、試験などで条件をクリアした選手をプロと認定する仕組みです。それに対し、プロゲーマーにはこうした統括組織はなく、何の条件もないので「本人が名乗ればプロだ」という状況ですが、スポンサー企業が付いている人をプロゲーマーと呼ぶのが通常です。

スポンサー契約の内容は様々ですが、企業のロゴの入ったシャツを着て大会に出場する、コントローラやヘッドセットは企業の商品を使う、などが一般的です。中には、その企業の社員となり、毎月給料を貰いながらゲームの大会に出場するというケースもあります。しかし、いずれの場合にせよ、プロゲーマーとしての収入だけで食べていけるプレイヤーはごくわずかです。

日本人プロゲーマーが喰えない最大の原因は、大半の人が「ストリートファイター」や「鉄拳」などの格闘ゲームプレイヤーだからです。海外のeスポーツでは、優勝賞金が1億円を超えるジャンルの大会もありますが、格闘ゲームはそれらと比較して遙かに安いのです。

例えばストリートファイターシリーズは、発売メーカーのカプコンが主催する「カプコンカップ(※注)」と称される大会が毎年アメリカで行われています。2017年のカプコンカップの優勝賞金は25万ドル(約2800万円)とそれなりに高額ですが、2位は5万ドル(約560万円)、3位は2万1500ドル(約240万円)と大幅に少なくなり、9位では2000ドル(約22万円)と、渡航費だけで消えてしまう程の金額しか得られません。

※注;世界各地で開催されるストリートファイターの大会に出場して結果を残す事で、その大会規模や順位に応じたポイントを獲得、1年間のトータルで多くポイントを稼いだ上位32名が、年末に行われるカプコンカップに出場出来る、という仕組みです。

カプコンカップ以外の大会でも賞金は得られますが、規模はカプコンカップと比較してかなり小さく、1つの大会の総額は1万5000ドル程度(約170万円)しかありません。これを上位入賞者で分配すると、一人当たりの金額は微々たるものです。つまり、大会で常に優勝するトッププロゲーマーならいざ知らず、大半のプレーヤーは一般のサラリーマンの年収(約400万円)よりも少ない〜という口コミが支配的です。

本業以外の収入源を持つことが不可欠

ゆえに、日本のプロゲーマーの中には、大会の賞金だけでなく、別の収入形態を持っているプレイヤーも多いです。その第一人者が、日本初のプロ格闘ゲーマーである梅原大吾氏です。

彼は、主にストリートファイターシリーズで活躍するプレイヤーで、過去何度も世界大会での優勝経験がある、格闘ゲーム会のレジェンドです。梅原氏は2017年現在「Red Bull」「HyperX」「Cy Games」「NSURGO」と4つの企業とスポンサー契約を結んでおり、更に「Twitch」のグローバルアンバサダーとしても活動しています。プロゲーマーの大半は、スポンサー契約を結んでいる企業は1社だけであり、スポンサーが4社も付くプロ格闘ゲーマーは現状、世界中でも梅原氏一人だけです。当然ながら、スポンサーが多ければそれだけ収入も増えるので、梅原氏は日本の他のプロゲーマーよりも遙かに多くの年収を稼いでいます。

さらに梅原氏は、格闘ゲームプレイヤーとして以外にも著書の出版・TV出演・講演会など、様々な活動を行っています。他にも、梅原氏を主人公にしたマンガ「ウメハラ」がヤングエースUPにて連載中ですし、過去には梅原氏本人がフィギュア化した事もあります。著名ブロガーでありベストセラー作家のちきりん女史とコラボするなど、プロモーション活動も精力的です。このように幅広い分野で活躍する梅原氏の収入は、本人の話や他のプロゲーマーの口コミを総合すると、年収は2〜3000万円程度あると推測されています。

但し梅原氏は、第一人者で古株であるが故の強みがあるので、他の人が彼の真似をしても、幅広いメディアの仕事を得るのは難しいでしょう。以下、白夜書房発行の「eスポーツマガジン」の情報を参考に、様々な副業を兼ねているプロゲーマーの収入形態例を挙げてみます。

プロゲーマーの中でも特に変わった収入源を持つのが「MOV」氏で、ゲーマーズシェアハウス平和島「とき◯荘」のオーナーです。このシェアハウスは、格闘ゲーム好きのプレイヤーが集まる家であり、住人からは「ゆかどん」氏や「えいた」氏など、複数のプロゲーマーを排出しています。実力のある多数のプレイヤーが集まるので、お互い切磋琢磨できますし、MOV氏自身は家賃収入も得られるという、理想的な環境を作り上げているのです。

そして、プロゲーマーの「ネモ」氏は、会社員として働きながらプロゲーマーとしても活動するという、社会人ゲーマーです。二束のわらじを履いて活動している理由は、プロゲーマーという立場の不安定さのリスクヘッジ的な意味もありますが、社会人ゲーマーという「キャラ」を売りにしている面もあります。プロである以上、己の個性をPRする事も必要不可欠です。

プロゲーマー「sako」氏も、以前はネモ氏のように別の仕事を持ちながらプロゲーマーとして活躍していましたが、2017年より専業のプロゲーマーに移行しています。これは、新たにスポンサーが付いて2社と契約出来た事で、収入面での安定化が図れるようになったのが理由です。なお、新たなスポンサーを見付けてきたのは、sako氏の奥さんの「あきき」さんです。あききさんは配偶者兼マネージャーであり、sako氏を公私共に支えています。

また「ももち」氏と「チョコ」さんのプロ格闘ゲーマー夫婦は、忍ismという会社を運営しています。忍ismは、若手のプロゲーマーの育成や、大会の運営やマネジメント業務を請け負っており、ゲーム業界の発展に裏方として関わりつつ、プレーヤーも続けているのです。ちなみに、チョコさんは日本人初の女性プロゲーマーです。格闘ゲームのユーザーはほとんどが男性のむさ苦しい環境なので、チョコさんのように「女性の」プロゲーマーはそれだけでキャラが立つのて、人気を武器に仕事も得やすいのです。

日本のプロゲーマーが低年収な裏事情まとめ
・日本ではスポンサー契約や賞金だけでは喰えない
・会社に勤めながらプロ活動するなど、副業プロゲーマーも多い
・唯一の例外=梅原大吾は多数の収入があり、年収は推定2〜3千万円

このように、プロゲーマーの中にはゲーム活動以外の収入源を持つ人は多いです。逆に言うと、大会の賞金だけでは喰っていけない事の表れでもあります。

前述のように、格闘ゲームの市場規模は、eスポーツのジャンルとしては小さいです。一方で、海外の人気タイトル「League of Legends」(リーグ・オブ・レジェンド)は、プレイヤー数が世界全体で数億人、優勝賞金が1億円を超える大会もあるなど、格闘ゲームとは比較にならないほど市場規模が大きいです。しかし、海外で人気のリーグ・オブ・レジェンドのようなDOTA系ジャンルや、FPS(一人称視点の銃撃戦ゲーム)は、日本では全く人気が無いです。こうしたゲームジャンルの嗜好の違いが、日本でeスポーツが流行らない裏事情の一つです。

何より、日本は法律的な問題で、ゲームの大会に大規模な賞金が出せないという問題もあります。この状況を改善しない限り、日本でeスポーツが普及する事は難しいのが現状です。日本のプロゲーマーは、上記の人達のように副業を持つか、あるいは格闘ゲームを捨てて賞金の多いジャンルに転向するか、どちらかしないと生活できないのです。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.