裏技ドットコム

YouTuberの年収が高い裏にはブラック労働があった!?

HOME > 就職・転職 > ユーチューバーの年収が高い理由はブラック労働

最近では、小学生や中学生のなりたい職業の上位にYouTuber(ユーチューバー)が入るなど、子供達の認識が大きく変わってきています。YouTuberとは、動画サイト=Youtube(ユーチューブ)に自分の動画を投稿して生計を立てる人達の事で、世界中に存在しています。

人気YouTuberの多くは、面白いネタ系動画をアップするタイプの人が多く、現代のお笑い芸人とも呼べるでしょう。人気YouTuberになると、日本でも年収1億円以上という人も現れています。例えば日本一のYouTuber=ヒカキン(Hikakin)さんは、Youtube動画の再生=広告収入だけでなく、企業からのタイアップ動画を受けたり、講演やテレビ出演、書籍執筆など多彩な収益源を持ち、推定年収は2億円とも4億円とも言われています。

※年収ネタの本家・フォーブス社の調査によると、YouTuberの年収世界一は、チャンネル登録者数5600万人超というスウェーデンのゲーム実況師・PewDiePie氏で、推定年収1500万ドル(約17億円)との事です。

一時はYoutubeを運営するグーグルも「好きな事をして生きていく」なんてテレビCMを流すなど、YouTuberを後押しする宣伝をしていた事も、子供達がYouTuberに憧れる要因の一つになっています。自分の好き勝手な動画を作るだけで年収1億円以上を稼げるとなれば、目標にする子供達が増えるのも当然でしょう。

しかし当サイトでは、子供がYouTuberを目指す事はお勧めしません。YouTuber同士の競争は極めて激しく、それで生計を立てれるレベルになるには、並大抵の努力では済まないからです。この事を証明する事例として、ヒカキン氏が自ら公開した動画「ヒカキン密着24時 YouTuberの裏側」を見てみましょう。

ヒカキン氏は一日平均3本ほどの動画をアップロードしています。この日は早朝2:30頃から動画編集作業を行い、間にテレビ番組の出演を挟みつつ、ゲーム実況動画など3本を撮影〜編集してアップロードしたら、翌日2時半になっていた・・・という恐ろしい一日です。「365日こんな感じです(笑)」と言っていますから、ブラック企業も真っ青の労働形態です。

当サイト管理人は、最初はYouTuberを「子供だましの低俗な動画を上げてるだけでしょ?」と馬鹿にしていましたが、この動画を見てヒカキン氏の情熱・ストイックさにリスペクトを感じました。と同時に、ブラック労働を楽しむ姿に、常人にはない「狂気」も感じました。

★外部サイト;ヒカキンさん、握手会で腰の低さ&ファンの無茶ぶりにも応える神対応が話題に(Togetter)〜トップYoutuberはアイドル並のファンサービスも必要なようです。

ここまでトチ狂った生活をしないと、トップを取れないのがYouTuberの世界なのです。これだけハードな生活を毎日続けるのは、単に「好きな事をして生きる」なんて生易しいモノでない事は明白です。ヒカキン氏は、己のブラック労働をもネタに出来る、希有な才能の持ち主であり、凡人が真似できる芸当ではありません。

ネットでは「動画の編集スタッフを雇えばよいのに」という口コミも見られますが、ウケるツボを心得ていなければ人気は無くなります。島田紳助や松本人志らトップお笑い芸人は、頻繁に「何でそこを切るねん!」と編集スタッフに不満を漏らしていた事で有名です。人気を維持するには、結局ヒカキン氏が細部まで指示する必要があるので、スタッフを雇うのは無駄でしょう。

トップレベルのYouTuberは、プロのスポーツ選手並のストイックな生活を送らねば、競争に勝てないという世界なのです。そしてYouTuberとして生計を立てれるのは、トップ数十人だけで、中堅以降はそれだけでメシを喰うのは難しいと言われています。とてもではないが、子供に勧められる職業とは言えません。

YouTuberの年収が高い裏にはブラック労働?まとめ
・近年は子供のなりたい職業ランキングの上位にYouTuberが来る
・トップYouTuber=ヒカキン氏の年収は4億円?
・しかしヒカキン氏の動画は、自らのブラック労働で支えられている

しかし、お笑い芸人を目指す位であれば、YouTuberも代替案として有りかもしれません。テレビの視聴率は年々低下しており、またお笑い芸人も過剰供給で、喰えない人間が激増しています。またお笑い業界の巨人=吉本興業は、若手芸人を搾取することで有名なブラック企業です。お笑い芸人の世界で芽が出なければ、テレビや劇場に拘らず、YouTuberのようなインターネットの世界に鞍替えするのが最適でしょう。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.