裏技ドットコム

【有利な順番の法則】面接やオーディションは後半、リスト・一覧からの選択では前半が有利

HOME > 哲学・心理学 > 有利な順番の法則

人間が評価を決める場面では、単純な心理現象で順位が大きく左右される事があります。その典型例が順番による影響です。

面接やオーディションを受ける場合、本人の能力や受け答えも重要ですが、実は受ける順番の影響も極めて大きいです。人が審査員を行うコンテストでは、審査の順番が後の人が有利だというデータがあります。最初の方は評価が辛口になりやすく、後半の受験生ほど印象に残りやすいため高い評価を得られやすい傾向が出るのです。

コンテストの順番が後の方ほど有利だという代表事例として、テレビの漫才大会「M-1グランプリ」が挙げられます。吉本興業が主催するM-1グランプリは、決勝では9組か10組の漫才コンビを審査員がリアルタイムで採点しますが、後半にネタを披露したコンビの方が順位が良い傾向が強い事で有名です。

M-1グランプリのネタ披露の順番と順位の相関
  優勝コンビのネタ披露順 先頭でネタ披露したコンビの順位
第1回 1番目:中川家 1位:中川家
第2回 2番目:ますだおかだ 5位:ハリガネロック
第3回 7番目:フットボールアワー 最下位:千鳥
第4回 8番目:アンタッチャブル 最下位:千鳥
第5回 5番目:ブラックマヨネーズ 2位:笑い飯
第6回 6番目:チュートリアル 最下位:POISON GIRL BAND
第7回 9番目:サンドウィッチマン 5位:笑い飯
第8回 7番目:NON STYLE 6位:ダイアン
第9回 8番目:パンクブーブー 4位:ナイツ
第10回 6番目:笑い飯 最下位:カナリア
第11回 9番目:トレンディエンジェル 7位:メイプル超合金
第12回 4番目:銀シャリ 5位:アキナ
第13回 3番目:とろサーモン 8位:ゆにばーす

M-1グランプリはこれまで13回開催されていますが、優勝したコンビの大半が後半にネタを披露しています。一方で、ネタの披露順が1番目のコンビは最終順位が低い場合が多く、優勝したのは第1回の「中川家」だけです。このため、サンドウィッチマン(第7回で優勝)などは「トップバッターになるぐらいなら、敗者復活から行った方が良い」とまで語っています。

リスト・一覧表から選ぶ場合は、先頭の方が有利

逆に、一覧リストから選択する形式の場合は、後半よりも最初の人の方が有利に働きやすい傾向があります。例えば選挙では、有権者の中には支持政党を持たず投票所の気分で決める人もいるため、よく考えずにリストの一番上の人の名前を書くケースも多いのです。ゆえに、候補者名簿で最初に名前が載っている人は得票数が多くなる傾向があるのです。

リストの上位にあると有利だという傾向を利用して、あえて名前を「あ」や「a」で付ける、戦略的な会社もあります。その代表例が、引越し会社大手「アート引越しセンター」です。同社の「アート」は、別に芸術を意味する言葉でもなければ、何か特別なゆかりのある言葉でもなく、単純に「ああ」と五十音順で最初になる事を目的に付けられた社名だといいます。

かつては引越し会社を探す場合に『電話帳』で調べる人が大半だったので、五十音順で一番最初に掲載される「アート引越しセンター」は有利だったようです。しかし、後にこの法則が広く知れ渡ったため、ライバル会社が「アース引越センター」「アーク引越しセンター」「アーアーアーアンシン引越サービス」といった会社名を付けるようになり、アート引越センターの順番はトップではなくなりました。とはいえ、近年の引越し会社探しはネットが中心なので、電話帳の順番が業績(受注数)に直結しにくくなってきたようです。

アート引越しセンターの他にも、意図的に「あ」で始まる名前を付けている企業は多くあり、例えば消費者金融会社の「アイフル」「アコム」「アットローン」なども同様です。

そしてこの法則は、海外の企業でも見られます。例えば、iPhoneでお馴染みのアップル社【apple.inc】の証券コード(ティッカー)は「aapl」です。アメリカの証券コードはアルファベット4文字以内で表記されますが、アップルは自社のつづり通りの「appl」ではなく「aapl」で登録しています。

他に「appl」のティッカーを持つ会社が先に上場していたことも理由ですが、それでも普通なら「aple」にすべき所を、あえてつづりに全く含まれない「aa」を入れることで、様々な場面での上場企業一覧表で、トップに表記されて目立つことを狙ったのです。

面接やオーディションは後から受ける方が有利まとめ
・面接やオーディションは、後半の方が有利な傾向がある
・逆に一覧表から選択する場合は、先頭に名前がある方が有利
・アイフルやアップル社など、意図的に名称を付ける企業もある

このように、人間が物事を審査する際には、順番という単純な要素がかなり大きく影響を及ぼすのです。面接やオーディションの順番を狙って後半にするのは無理ですが、学園祭や宴会などの出し物や、合コンの自己紹介とかなら順番を選べるケースもあるでしょうから、後半にした方が有利な事はぜひ覚えておくべきです。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は必ず該当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2017 https://u-waza.com All Rights Reserved.